イメージ画像

スノーボードをするのに用意しておきたいギア

スノーボードをするには色んなギアが必要です。
その中でも、絶対に用意したい道具はこちらです。



スノーボード、ビンディング、ブーツ

これがなければ始まりません。

レンタルでも自前でもいいので、必ず必要です。
準備しましょう!


スノーボードの選び方についてはこちらに詳しく書きました。
ビギナーの方は必ず目を通すことをおすすめします。

スノーボードのレンタルってどうなの?
マイボードのすすめ
ビギナーが楽々と上達できるスノーボードの選び方
ビギナー向けのおすすめスノーボードランキング




アウターウェア

防寒と濡れ対策のために必要です。
スノーボード用のアウターウェアは、動きやすさも考慮されています。
レンタルでも自前でもいいので、絶対に用意しましょう!!


たまに見かけますが、普通の服でスノーボードをするのは無理があります。

スノーボードは冬の山でするスポーツなので、それ相応の装備が必要です。



ビーニーまたはヘルメット

頭に何もつけていないビギナーはかなり多いです。
できればヘルメットの装着がおすすめです。
転んで頭を打った場合にダメージを軽減できます。


ヘルメットに抵抗がある方は、ビーニー(スノーボード用のツバなしの帽子)をかぶりましょう。
防寒にもなりますし、万一打った場合でも何もかぶっていないよりは衝撃を緩和できます。


ビーニーをかぶらずにスノーボードをするのは、けしてかっこよくありません。

頑張ってる感はありますが・・・



ゴーグル

視界を確保するために必要です。
裸眼では地形が見にくいですし、滑走中は風が目に入って涙が出てきます。


また、晴天の日にゴーグルなしでスノーボードをすると目が大変なことになります。

いわゆる雪目というやつです。
激しい痛みがおこり、まぶしくて涙が出ます。


このような自体を防ぐためにゴーグルの着用は必須です。



グローブ

防寒と安全確保のために必要です。
さすがにグローブなしでは、手が冷たくてスノーボードどころではありません。
雪を触る機会がもっとも多い場所なので、しっかりとした耐水性能が必要です。


耐水性と透湿性がしっかりとしたものを選びましょう。
濡れず、蒸れずで快適にスノーボードができますよ。



スノーボードをするのに絶対に必要なギア(道具)はこれくらいです。
特に、ゴーグルとビーニーをしないビギナーが多いので、きちんと準備しましょう!!
そうした方がスノーボードを快適に楽しむことができます。


このコンテンツが役に立ったら、クリックして登録をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ