イメージ画像

スノーボードのレンタルってどうなの?

スノーボードを始めたばかりの頃は非常にありがたいレンタル。
スノーボードを始めるための敷居を下げてくれているのは間違いありません。


だけど、このレンタルって長期的に見たらどうなんでしょうか。
レンタルのメリット、デメリットについての本音をまとめました。



レンタルのメリット

スノーボードのレンタルのメリットは次の3点でしょう!!


・はじめに必要なお金が少なくてすむ
・手軽
・身軽

順番に解説します。




「はじめに必要なお金が少なくてすむ」
スノーボード、ビンディング、ブーツを揃えるとどんなに安くても3万円はします。
一方でレンタルは1日5千円程度。


スノーボードに興味はあるからためしにやってみたい、という人には大変魅力的です。
1回、2回という少ない回数なら圧倒的に安くすみます。
まずはやってみたい、という人はレンタルを使って気軽に体験してみることをおすすめします。




「手軽」
レンタルでスノーボードをするのなら、すごく手軽にできます。
なんといっても、準備する必要がありませんから。
事前に道具を選んだり、買ったりする必要もありません。


スキー場へ行くだけでOKです。
この手軽さもレンタルの大きな魅力です。




「身軽」
レンタルボードなら、スキー場へスノーボードを持っていく必要がありません。
だから、スキー場へ行く道中も非常に身軽です。


これは、電車や飛行機でスノーボードへ出かける人にとって大きなメリットになります。
ほとんど手ぶらに近い状態でスキー場へ行けます。



レンタルのデメリット

レンタルボードの主な欠点といえば次のようなことだと思います。


・なかなか上達しない
・実は高い
・板がヘタってる


デメリットについても順番に解説します。




「なかなか上達しない」
スノーボードをレンタルした場合は、基本的には毎回違うスノーボードを使うことになります。
当然、セッティングも毎回違います。


つまり、毎回違う板を違うセッティングで使ってスノーボードをしないといけません。
どんなスポーツでも、道具に対する慣れというものはあります。
使い込むほど道具が体になじんできます。


でも、毎回違う板を使うことになるレンタルでは、こういうことがありません。
毎回新しい道具に慣れる必要があります。
その結果、マイボードを使うよりも上達のペースが遅くなってしまいます。




「実は高い」
スノーボードをする回数が少ないうちは、圧倒的に安いレンタル。
しかし、行く回数が増えてくるとコストパフォーマンスが落ちてきます。


レンタルに使うお金でマイボードが変えてしまう!
という事態になってしまいます。
何回行けば元が取れるかは考えてみればすぐにわかりますね。


何回かレンタルでやってみて、続けてみようと思った時にマイボードを買ったほうが絶対にお得です。
その方が上達も早くなるし、自分の手元に板が残ります。




「板がヘタってる」
スノーボードの寿命は滑走日数50日と言われています。
じゃあ、レンタルはどれくらい使われているの?
というとわかりませんね。


どれくらい使われているのかわからないくらい使われています。
中には新しいものもありますが、たいていのレンタルボードは使い込まれてボロボロです。
こうなると、見た目だけでなく性能も劣ってきます。


ボロボロのレンタルボードは新品当時の性能が発揮できない
状態になってしまっている可能性が高いです。


滑走日数50日どころじゃあないでしょうからね。
ヘタった板は反発が弱く、こういう板はコントロールしにくいので滑りにくいです。


板が柔らかいのと反発が弱いのは全くの別物です。
やわらかい板は扱いやすくて反発力も使いやすくて楽しいですが、反発が弱い板は反応があまりないだけで面白くないです。
やっぱり面白い板でスノーボードしたいですね。


お金に余裕があればいきなりマイボードがいいですが、続けるかどうかわからないならレンタルはがおすすめです。
まずは気軽にレンタルでスノーボードを体験してみるのもいいですね。
それで、今後も続たいと思うならマイボードを購入するというのがおすすめです。


次はマイボードについてです。





このコンテンツが役に立ったら、クリックして登録をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ