イメージ画像

ビギナーが楽々と上達できるスノーボードの選び方

マイボードが欲しいけど、どんな板を買ったらいいのかわからない、というビギナーに
スノーボードの選び方を紹介します。




実は、スノーボードを初めた時にどんな道具を使うのかというのは非常に大切です。
道具次第でぐんぐん上達できたり、
全く上手くならなくなったりします。





どうせスノーボードをするなら、上手くなりたいし、楽しみたいですよね。
それでは、スノーボードの選び方について解説します。



ビギナーによくある悩み

スノーボードを始めたばかりのあなた。
こんな悩みをかかえていませんか。




全然ターンができない。


ほとんど斜度がないような斜面では、なんとかターンができるようになった。
でも、ちょっとでも斜面がきつくなるとターンができない。


緩斜面を滑っていると、突然エッジが引っかかって転んでしまう。
しかもめちゃめちゃ痛い。
転ぶような斜面じゃないのに・・・





これは、ビギナーによくある悩みです。
誰にでもおこりうることなので、心配する必要はありません。


もう少し練習すれば、こういう悩みは解消していきます。


ただ、こういう状態が長く続いているというのであれば、
別に原因がある可能性があります・・・



こんなスノーボードを使っていませんか

その原因とは・・・




初心者に合っていないスノーボードを使っていることです。




ちゃんと初心者向けの板を使っていますか。




あなたが使っているスノーボードが次のようなものなら、
初心者に合っていないスノーボードの可能性があります。




・スノーボードが上手な友達から昔使っていた
 スノーボードをもらった。

・よくわからないので、一番安いスノーボードを
 買って使っている。

・レンタルボードを使っている。




その理由を順に解説します。


「スノーボードが上手な友達から昔使っていたスノーボードをもらった」
あなたがもらったスノーボードは、上級者向けのスノーボードかもしれません。
上級者向けの板というのは、フレックスが硬くエッジホールドが大変良い
(滑っているラインがずれにくい)ものが多いです。


これは、荷重を自在にコントロールできる上級者にとっては
ライディングの限界を上げてくれる非常に良い板です。
でも、ビギナーにとってはそれがそのまま欠点になります。


ビギナーのターンの仕方は、ドリフトターンといって板をずらすターンです。


一方で上級者向けの板のターゲットはカービングターンといって板をずらさないターンです。
こういう板はずれにくいという特徴があります。
ずれないほうがきれいなカービングターンができますから。




つまり、


ビギナーのターンの仕方(ドリフトターン)がやりにくいようにわざわざ作られているんです。


こんなスノーボードで初心者が練習しても上手く滑れるはずがありませんね。




「よくわからないので、一番安いスノーボードを買って使っている」
安い板=初心者向けの板ではありません。
ただ単にコストだけを削ったあまり品質のよくない板の可能性があります。
あまりに安いノーブランドの板を買った場合にこういうことがあります。




「レンタルボードを使っている」
レンタルボードも初心者向けの板とはかぎりません。

スノーボードのレンタルってどうなの?で詳しく説明しているので参考にしてください。



合っていない板を使い続けると・・・

スノーボードが中々上達しません。

いつまでも上達できないと、だんだん楽しくなくなってしまいます。


ひょっとしたら、スノーボードをすることが苦痛になってしまうかもしれません。

せっかく楽しむためにスノーボードに行っているのに、これでは意味がなくなってしまいますね。



ビギナー向けのスノーボードを使って悩み解決♪

でも、安心してください。
初心者向けのスノーボードを使うことで、解決することができます。




初心者向けのスノーボードにはどんなものが向いているかというとこういう特徴を持ったスノーボードです。
・簡単にターンができる
・逆エッジしにくい

簡単にターンができて、逆エッジしにくいスノーボードなら、
痛い思いをすることもなくスノーボードがぐんぐん上手くなります。




簡単にターンができるスノーボードとはどんなスノーボードかというと、
・ソフトフレックス
・ビギナー向けのロッカー構造など、エッジホールドが弱めのもの

です。


こういう板を選べば、上手く荷重移動できないビギナーが、少々強引なターンをしても曲がってくれます。




そして、逆エッジしにくいとはどんなスノーボードかというと、
・ビギナー向けのロッカー構造など、ひっかかりが少ないもの
・ソールがコンベックス形状になっており、エッジが引っかかりにくいもの

です。


こういう板を使うと、引っかかる可能性がすごく減るので、ほとんど逆エッジしなくなります。




だから、
簡単にターンができて、逆エッジすることもほとんどなくなります。




その結果
どんどんスノーボードが上達してスノーボードがどんどん楽しくなります。






さて、これでどんな板がビギナーに向いているのかがわかったと思います。
でも、具体的にどんなスノーボードを買ったらいいのかというと
なかなかわからないですよね。


でも安心してください。 ビギナー向けのおすすめのスノーボードをランキング形式で紹介します。


具体的にどんなモデルを買えばいいのかわかるので、迷うこともないと思います。





このコンテンツが役に立ったら、クリックして登録をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ