イメージ画像

スノーボードをするのにあると便利なギア

スノーボードをするには色んなギアが必要です。
その中でも、絶対に用意する必要はないけど、あった方が便利だな~という道具を紹介します。



プロテクター

プロテクターの役割は怪我を防止すること。
そして痛みを軽減することです。


どんなことをしたいかによって、必要なプロテクターは変わってきます。
ビギナーに特におすすめなのは、
ヒッププロテクターとニープロテクター
です。


スノーボードでは、後に転んだ場合はお尻と手を付きます。
前に転んだ場合は、膝と手を付きます。
というわけで、お尻と膝が最も守るべき場所となります。


打つ頻度は高くはありませんが、強打するとダメージが非常に大きいのがヘルメットです。
だから、ある意味ヘルメットがもっとも重要なプロテクターともいえます。


また、手の付き方が悪いと手首を怪我してしまいます。
だから、手首のプロテクターもあれば安心です。


スノーパークに入るようになったら、上半身用のプロテクターもあれば安心です。
特に、背中から硬い雪に落ちた場合にダメージが大きいので、しっかりと背中を守ってくれるプロテクターが理想です。

フェイスマスク

防寒に日焼け止めにとあれば便利です。
デザインのかっこいいものを選べば、さらにスタイリッシュにコーディネートすることも可能です。
おしゃれなスノーボーダーには欠かせないギアです。


日焼け止め

何もケアせずに晴れの日にゴーグルを付けてスノーボードをすると、くっきりとゴーグルの形に日焼けします。
まるでパンダの白黒を反対にしたような逆パンダ状態になります。


コレが勲章だと思える人はかまいませんが、
恥ずかしいと思うなら日焼け止めを塗りましょう。
逆パンダ状態を防いでくれます。

コンプレッションスーツ

適度な圧力を加えるため、
疲労を低減してくれる
コンプレッションスーツはスノーボードにも有効です。


SKINSが有名ですね。
スノーボードをする時に着用するなら、SKINS SNOWがおすすめです。
暖かいですよ。


下半身用のものを着用すれば、確かに疲れにくいのを実感できます。
次の日の疲労回復の度合いも変わりますので、余裕があれば揃えたいギアです。


ネックウォーマー

首周りの防寒にもっとも効果がある
のがネックウォーマーです。
フェイスマスクはかっこいいですが、防寒という機能性ではネックウォーマーにはかないません。


ただ、ダサいデザインが多いので注意が必要です。
スタイルを気にするなら、ネックウォーマーの上にフェイスマスクをすれば、暖かい上にオシャレです。



ファーストレイヤー

下着のことです。
直接肌に触れるファーストレイヤーは速乾性の生地のものが快適です。


綿のTシャツは一度汗を吸ったら中々乾いてくれないのでやめておいたほうがいいです。
スノーボード用のものが一番おすすめですが、ユニクロ性のヒートテックも中々いいです。



セカンドレイヤー

ファーストレイヤーの上に着る服のことです。
これも、ファーストレイヤー同様速乾性の生地のものがおすすめです。
フリース素材のものが暖かいです。


プロテクターをセカンドレイヤーにするというのもありです。
転んだときに体を保護してくれるので一石二鳥ですね。



スノーボード専用のソックス

ソックスもスノーボード専用のものがおすすめです。
適度に薄くて保温性も高く、スノーボードがしやすく作られています。


分厚いソックスだと、足裏感覚が鈍くなるのであまりおすすめではありません。



ドリンクホルダー

一人で黙々と練習すると普段よりもペースが上がります。
そして、疲れます。
そんなときに便利なのがドリンクホルダー。


ペットボトルをぶら下げて滑ることができます。
リフトで休憩しながら水分補給すれば、効率よく練習できます。



チケットホルダー

ウェアにチケットホルダーがない場合はリフト券を入れるために用意する必要があります。
色んなタイプがあるので、ウェアにコーディネートしましょう!



小さめの財布

スノーボードをするときには、大きな財布は邪魔です。
できれば、専用に小さめの財布を用意しておくと便利ですよ。
ウェアにスマートに収納できます。



時計

スノーボードをする時に腕時計はしないほうがいいです。
手を付いたときに壊れるし、腕時計が原因で怪我をする可能性もあります。


お勧めなのがカラビナ付きの時計です。
ベルト通しにつけておくと便利ですよ。



ドライバー

ビンディング調整用に持っていると便利なのがドライバーです。
携帯用ドライバーをポケットに忍ばせておきましょう!



チョコレート

疲れると甘いものが食べたくなります。
ポケットに入れておけば、小腹が空いた時においしく食べれます。



ソールガード

車内にスノーボードを積むときに付けておきたいのがソールガードです。
エッジで車内を傷つけないですみます。


ニット製のソールガードなら、エッジがさびない
のでおすすめです。



雪かき道具

ハイシーズンにスキー場へ行くなら、もって行きたいのが雪かき道具です。
車の上や、周辺に積もった雪を除けるのにあると便利です。


楽しく滑って車に戻ったら、車が雪で埋もれていた!!というのはよくある話です。
こんな時に、無駄な労力を使わないために用意しておきたいですね。



悪路脱出用ボード

駐車場に雪が大量に積もったり、坂道が凍っていて車がスタックした時に重宝するのが、
悪路脱出用のボードです。
折りたたみタイプが安い値段で売られています。


雪道でスタックしてしまうと本当に大変です。
転ばぬ先の杖で準備しておくことをおすすめします。




このコンテンツが役に立ったら、クリックして登録をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ