イメージ画像

ふたご座流星群は12月14日午後8時がピーク

毎年、冬の恒例のイベントとなっているふたご座流星群。
今年は13日夜から16日朝にかけてピークを迎えるそうです。

yahooニュース
「ふたご座流星群、13日~16日朝にピーク

冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が13日夜から16日朝にかけてピークを迎える。

 今年は月明かりの影響が出るため、深夜から明け方が見頃となりそうだ。

 ふたご座流星群は毎年12月に観測され、流星数の多い流星群として知られる。晴天に恵まれれば1時間に15~20個、条件の良い場所では50個以上の流星を見られる。

 最大の見頃は14日午後8時頃と予想されているが、各日とも月の位置が低くなる午後10時以降が観測に適しているという。 」

1時間に50個も見られたらいいですね。
ほとんど1分に1個くらいは見られるわけです。
月が沈んでからが勝負です。

Astro Arts
「三大流星群に数えられる「ふたご座流星群」が、12月中旬に見られます。出現数が一番多いと予想されるのは14日の午後8時ごろですが、月明かりで暗い流星は見えません。その月も15日の夜半過ぎには沈み、好条件での観察が実現します。」
「2010年のふたご座流星群は、12月14日午後8時に極大(流星活動のピーク)を迎えると考えられています。そのため14日の宵がたくさんの流星を見るチャンスですが、南の空に上弦過ぎの月が残っています。月は午前0時半ごろに沈むので、暗い流星も見えるのは15日の未明です。

流星群の流星は、放射点を中心に流れますが、放射点の近くでたくさん見えるわけではありません。どの方向でも流星を見ることができます。宵のうちに観察する場合は、月を視界に入れないようにしましょう。」
見る方向はどこでもいいわけですね。
月を見ないのがポイントとなります。
そしてピークになるのが、12月14日午後8時。
月が午前0時半ごろに沈むので暗い流星が見えるのは、15日の未明です。

「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン
「国立天文台では、できるだけ多くの方に夜空を眺める機会を持っていただこうと、12月に活動するふたご座流星群を観察対象に、今年で5回目となる「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンを行います。ふたご座流星群の活動が活発になると思われる12月13日の夜から16日の朝までの3夜の間に15分間以上星空を眺め、結果を報告ページから報告していただこうというものです。

 これまで流星を見たことがないという方は、是非この機会に、流星の美しさをご自身の目でご覧になってみてください。また、これまでに流星は見たことがあるという方も、今度は、流星群の流星かどうかを見極めてみませんか。」
そして、流星を観察したら天文台に報告しましょう!
ふたご座流星群は最近観測される流星が増えてきているそうです。
流れ星を見たい人は、この機会に挑戦してみるといい思い出ができるかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年12月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:イベント情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ