イメージ画像

BURTON JEREMY JONES

BURTON JEREMY JONESはその名前の通り、ジェレミー・ジョーンズのシグネチャーモデルです。

このボード、CUSTOMをベースにしたモデルなんですが今年は大きく変わりました。
それは、ミッドスプーンを採用したことです。
ボードのセンターにコンベックス形状を採用したミッドスプーンは引っ掛かりを大きく低減してくれます。

V-ロッカーとミッドスプーンのWHAMMY BARには試乗したのですが、キャンバーとミッドスプーンの組み合わせがどうなるのかちょっと想像つきません。

フリーランでは影響なくて、ジブアイテムに乗った時だけに引っかかりにくいんでしょうか。
それともグラトリなんかでも関係あり?
逆エッジするときって、キャンバーの部分が引っかかってることが多いので、グラトリやフリーランでは関係ない気もします。

エッジはレールレディチューンが施されていて、いきなり擦りアイテムに入れます。
板のバランス的にも、ミッドスプーンはジブ向けのスペックなのかもしれません。

グラフィックもかなり個性的です。
そしてかっこいいです。
グラフィックで選ぶのもありですね。

CUSTOMよりもやや柔らかいので、遊び系の動きやパークライディングにより向いています。
とはいえそんなに柔らかすぎることもないので、オールラウンドに使えるモデルです。

BURTON JEREMY JONESの価格比較、スペック調査はこちらへどうぞ。
BURTON JEREMY JONESのページです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ボード

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ