イメージ画像

最近はパークよりもパウダーの方が楽しい

個人的なスノーボードの好みの話ですが、最近はパークよりもパウダーの方が楽しいと
感じることが多いです。

パウダーっていうのは、フカフカの圧雪されていない深雪を滑ること。
パークっていうのは、キッカーやボックス、レールなんかがあるスキー場に設置された
スノーパークのことです。

昔は、断然パークの方が好きだったんですけどね。
だんだパウダーの方にはまってきて、今ではパウダーを滑ることが最優先です。

パークも嫌いになったわけじゃないです。
あったら入りますし。

でも、どちらか選ばないといけない状況になったらパウダーへ行ってしまいます。

その理由ですけど、気持ちのいい時間の長さの違いと、失敗したときの痛さの違いかなと思います。
パウダーの方が気持ちのいい時間が長いんですね。
いいパウダーに当たったら、滑っている時間ずーっと気持ちいいです。

失敗したときの痛さもほとんどないです。
パウダーが深かったらはまるし、斜度がなかったら進まない。
その程度です。

パークはというと、確かに気持ちいいんですがその気持ちよさは一瞬です。
キッカーなんてせいぜい2秒くらいの快感だし、ボックスやジブも数秒ですね。

失敗したときのダメージはヘタしたら骨折です。
まくられて背中を打って、もう今日滑れない、なんてことも何回もあります。
あとは、頭を打って記憶が飛んだり。

ただ、パウダーの方が当たる確率が少ないです。
パークの方がありますね。
人工物だから。

パークばかりやっていて、パウダーには興味なしって方も、パウダーがあるときは
パウダーに入ってみて欲しいです。

パウダーの楽しさも奥が深いですよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:つぶやき スノーボード

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ