イメージ画像

スノーボードブーツの選び方

ブーツは、ハードギアの中で唯一直接体に接します。
スノーボードもビンディングも直接体には触れません。

だから、ブーツを選ぶときにはまずフィットすることを第一優先にするべきです。
ブーツを履いている足が痛くない、っていうのは当たり前の状態にしておきたいです。

ブーツを履いている足が痛かったら悲惨です。
リフトに乗るときや、休憩したときなど、集中力が途切れるタイミングの度に足の痛さに気をとられることになります。

本当は、こういう時にはスノーボードのことを考えたいですね。
リフトの上では、地形のチェックなんかをしておけばより楽しめますし、
自分の滑りのことを思い返せば滑りのレベルアップにつながります。

滑っているときも足の痛さに気が行くようなレベルになると、もうスノーボードどころではなくなってしまいます。

じゃあ、どうやったら自分の足にフィットしたブーツを選べるのかというと、
1、とにかくたくさんのブーツを履いてみる
2、上手いショップで自分の足にあわせて成形してもらう

という2つの方法があります。

1の方法は、とにかくいろんなブーツを履いてみます。
ちょっと履いただけで、気になるポイントがあるようなブーツはやめておいたほうがいいです。
1日履いていたら絶対に痛くなります。

歩いたり、飛んだりしても違和感のないものを選びましょう!

2の方法は、まずは成形できるタイプのブーツを選びます。
そして、ショップで成形してもらうのですが、この時のショップ選びで大きな差が出ます。

上手いショップだと、足の形を見ただけでどこが痛くなりそうなのかわかります。
だから、そういう部分がブーツに当たらないような形に成形してくれます。
足の先端、甲、くるぶしが痛くなりやすいポイントです。

こういうことをやらないで、痛くなったらその部分を修正します、というショップは
成形に対するノウハウをあまり持っていません。
自分が申告したことに対してだけ修正してくれる感じです。

当然フィット感でも大きな差が出ます。
成形してもらったけど、思ったほどよくなかったという人は、成形する人があまり上手くなかった可能性が高いですよ。

ショップを選ぶときには、どの様にブーツを成形してくれるのかをよく聞いてみましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:選び方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ