イメージ画像

BURTON BLUNT

BURTON BLUNTはパーク向けの経済的なボード。
定価47250円ととても安いのですが、パークで遊ぶのなら十分な性能を持っています。

ツインシェイプにツインフレックスで、スイッチでも違和感の無いトリックが可能です。
フリースタイル的な要素をするならツインチップがいいですね。
そして、V-ロッカーを採用しているので、ひっかかりを極限まで減らしています。
逆エッジの可能性が飛躍的に減っています。

そして、ソフトフレックスなので低速で抜群の扱いやすさがあります。
さすがに高速でのフリーランではばたつきますが、ジブやグラトリには十分ですね。

パーク向けのクルーズコントロールは、ソフトフレックスとエッジのダリングを組み合わせており、ノーズ、テールのみをコンベックス構造にすることでパークライディングでの引っかかりを低減しました。

安くてパーク向けのボードを探している人にお勧めのスノーボードです。

BURTON BLUNTの価格比較やスペックはこちらからどうぞ。

タグ

2011年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ボード

BURTON JEREMY JONES

BURTON JEREMY JONESはその名前の通り、ジェレミー・ジョーンズのシグネチャーモデルです。

このボード、CUSTOMをベースにしたモデルなんですが今年は大きく変わりました。
それは、ミッドスプーンを採用したことです。
ボードのセンターにコンベックス形状を採用したミッドスプーンは引っ掛かりを大きく低減してくれます。

V-ロッカーとミッドスプーンのWHAMMY BARには試乗したのですが、キャンバーとミッドスプーンの組み合わせがどうなるのかちょっと想像つきません。

フリーランでは影響なくて、ジブアイテムに乗った時だけに引っかかりにくいんでしょうか。
それともグラトリなんかでも関係あり?
逆エッジするときって、キャンバーの部分が引っかかってることが多いので、グラトリやフリーランでは関係ない気もします。

エッジはレールレディチューンが施されていて、いきなり擦りアイテムに入れます。
板のバランス的にも、ミッドスプーンはジブ向けのスペックなのかもしれません。

グラフィックもかなり個性的です。
そしてかっこいいです。
グラフィックで選ぶのもありですね。

CUSTOMよりもやや柔らかいので、遊び系の動きやパークライディングにより向いています。
とはいえそんなに柔らかすぎることもないので、オールラウンドに使えるモデルです。

BURTON JEREMY JONESの価格比較、スペック調査はこちらへどうぞ。
BURTON JEREMY JONESのページです。

タグ

2011年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ボード

BURTON HATE

BURTON HATEは低価格なんですが、パークに特化しておりすごく使えるボードです。
47250円!
これは安いですね。

それでいて、ツインシェイプ、ツインフレックス、V-ロッカーといかにもパーク向けボードです。
ルーズな乗り心地なソフトフレックスボードなので、グラトリももちろんOK!
遊び系のスノーボードに適しています。

エッジはレールレディーチューンが施され、買ったままの状態でレール向きのエッジです。
いちいちエッジを丸めなくていいのは便利です。

ソールはエクストルーデッドで、シンタードほとは走りませんが、ジブをするなら関係ないですね。
こすればボロボロになっちゃいます。

さらにジャンパーケーブルでテールとノーズの反発が強化され、オーリーやノーリーで高さを出しやすくなりました。
また、キックの形状がフラットなので、レール、バター、プレスに最高の適性です!

安く、パーク向けの板を買いたい人にこれ以上ないくらいお得な板ですね。

タグ

2011年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ボード

BURTON SHERLOCK

BURTON SHERLOCKは10-11モデルから登場したNEWモデルなんですが、全く新しいコンセプトを持ったモデルです。

フリーライドとフリースタイルを融合させたスタイルは、パウダーもOK、パークもOKという嬉しい板です。
パウダーもできるし、パークもできちゃうんです。
朝一パウダー狙い、パウダーが無ければパークと言う人にはうってつけのボードですね。

パウダーランしながら、ナチュラルな地形でパークライディングする人にもベストなモデルです。
スペックを見るだけでわくわくするモデルです。

その性能の秘密は、やはり新構造のフライングブイにありました。
ロッカーとキャンバーの長所を併せ持つフライングブイなら、パウダーでの浮力、フリーラン、パークライディングといった性能全てを併せ持つことができます。
究極のオールラウンド性能を持った構造ですね。

BURTONもかなり自信があるみたいで、試乗会でもフライングブイ構造を一押ししていました。
ツインに近いシェイプと、ディレクショナルフレックスも今期BURTONのオールジャンルボードに数多く採用している設定です。

ミッドフレックスで懐の深い、注目のモデルです。

タグ

2011年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ボード

このページの先頭へ