イメージ画像

スノーウェアを洗濯するならNIKWAX

昨日までの話の流れで、今日はNIKWAXを紹介します。

昨日までの話っていうのは、スノーウェアの性能を発揮するのに
何に気をつけないといけないかってことです。

ポイントは2つあって
・汗をためないで空気中に発散してくれるインナーを着る(スノーボード用のファーストレイヤーでOK)
・ウェアの表面が汚れないようにする
ってことです。

NIKWAXは、このウェアの表面が汚れないようにするっていうことを
簡単に満足させてくれます。

スノーボードのウェアって普通の洗剤で洗うとやばいことになるんですよ。
実際にやったことがあるんですが、表面の撥水性能がゼロになるんです。

全く水をはじかない。

こういう状態って、雪が恐ろしいほど張り付きます。
転んだらあっと言う間に雪だるまです。
パウダーを滑っても真っ白になりますね。

こんな状態で雨でも降られたらやばいことになります。
表面がはじかないから水の膜で覆われてしまいます。
そして、透湿性能が失われてムレムレになります。

バックカントリーなら、冗談じゃなく死に直結します。

スノーウェアにとって一番厳しいコンディションは雨なんですよ。
雨の日に滑れば、そのウェアの性能が非常によくわかります。

こういう状態にならないためにおすすめなのがNIKWAXです。
この手の洗剤としては定番中の定番ですね。

もう何年も使っています。
1Lくらいのお徳用を買って愛用しています。
必ず使うものですから。

使い方は、簡単です。
洗濯機で洗濯するときに規定量いれるだけ。

洗濯用はテックウォッシュを使います。

通常は、これで撥水性能が復活します。
撥水性能を低下させているのは表面の汚れなので、これを落とすことで復活するわけです。

これで、あまり復活しない場合はウォッシュインを使います。

これで、驚くほど撥水性能が復活しますよ。

防水スプレーでとは何が違うの?
と思うかもしれませんが、防水スプレーって効きます?
ほとんど気分的なものですよね。

NIKWAXは気分的なものじゃなくて確実に効果があるし、その効果も持続します。

ウェアを洗う時には思い出してください。

タグ

2012年2月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ