スノーボードの買い方

 新品のスノーボードを買おうと思ったら、1.プロショップで買う、2.量販店で買う、3.通販で買うというのがおもな方法でしょう。
 それぞれにメリット、デメリットがありどれが一番いいとは言えません。何を求めるかでどこで買うのがベターかだいたい決まってきます。ここではそれぞれの方法のメリット、デメリットをまとめたいと思います。

1.プロショップで買う

 プロショップで買う一番のメリットは、店員さんがスノーボードに対するきちんとした知識・技術を持っていて色んなアドバイスを受けることができることです。ギアに対するアドバイスだけでなく、スノーボードに対するアドバイスを受けることもできます。

 ここで私の体験談を一つ。03-04シーズンくらいの話です。当時の私は取り回しの良さを求めて少し短めのスノーボードを使っていたのですが、雪がやわらかくなるとノーズが刺さり気味になる、ということに悩まされていました。春先にハイスピードでフリーランをしていた時に、体重がノーズ寄りになるとノーズが刺さって転倒するということがよくあったんです。

 そこで当時通っていたプロショップで私の板とセッティングを見せて相談してみました。そこでもらったアドバイスは「セットバックを1cm多くする」でした。たったそれだけのことですが、この悩みは解決しました。この経験から私はセッティングの奥深さに気付き、スノーボードをするときには常にポケットにドライバを入れて持ち歩くようになりました。

 この様にプロショップでもらうアドバイスによって滑りや考え方が変わるということがあります。これは、他の方法では期待できないですね。

 プロショップで買うメリットはまだあります。それは商品のクオリティが高い、ということです。プロショップも量販店も仕入れる商品は同じですが、プロショップの方がきちんとした検品ができます。だから変な商品を入荷している可能性が低いんです。

 一方でプロショップで買う最大のデメリットは価格が高い、ということです。薄利多売にはできないので、どうしても価格競争では量販店や通販には太刀打ちできません。品質の高さや適切なアドバイスが価格に含まれていると考えた方がいいですね。

 以上をまとめると、プロショップで買うメリットとデメリットは次のようになります。

メリット
商品やスノーボードに対する適切なアドバイスがもらえる。
商品のクオリティが高い。

デメリット
価格が高い

こんな人におすすめです。

スノーボードがとにかく上手くなりたい人。
価格よりも内容をより重視する人。


2.量販店で買う

 量販店で買う一番のメリットは、たくさんある商品から自分の興味のあるギアを実際に手にとって選ぶことができることです。量販店は一般的にプロショップよりも規模が大きく、たくさんの商品が陳列されています。ハイシーズンにも人気の商品を買える確率が高いのも量販店のよさです。価格も全体的にプロショップよりも安いです。

 一方で量販店で買うデメリットは店員にスノーボードの知識や技術があまりなく、適切なアドバイスが期待できないことです。中にはスノーボードを全く知らないと思われる店員さんもいます。質問してもマニュアル的な答えしかできない店員さんがほとんどです。

 ここでも私の体験談を一つ。BURTONのCARTELというビンディングかTRIADかどちらがいいのか商品を見て悩んでいた時のこと。店員さんが何かお探しですか?と声をかけてきました。私はCARTELかTRIADかで悩んでいるんですけど、どちらが軽いんですか?と聞いてみました。するとその店員さん、両方のモデルを右手と左手にとり、おもむろに考え出しました。そして、こっちですかねとTRIADを差し出してくれました。
 プロショップで重さのことを聞くと、秤で測ってくれるところがほとんどです。今回もそれを期待したんですが、まさか店員さんの感覚で答えを出してくれるとは思わず、びっくりしてしまいました。

 さらにひどい話だと、スノーボードとビンディングをセットしてもらったらセンターがずれていたことがあります。私はすぐに気が付きましたが、もし気が付かなければターンがまともにできなかったかもしれません。

 量販店で買うデメリットをもう一つ。それはハイエンドモデルがほとんど置いていないことです。量販店の品ぞろえはどちらかというとビギナー向けです。あと、コアなブランドはほとんど置いてありませんね。

 以上をまとめると、量販店で買うメリットとデメリットは次のようになります。

メリット
豊富な品揃えから実際に手にとって選ぶことができる。
そこそこ安い。

デメリット
店員さんの適切なアドバイスはあまり期待できない。
ハイエンドモデルやコアなブランドは置いていない。

こんな人におすすめです。

たくさんの商品を実際に見て選びたい人。
店員さんに何かを聞こうとは思っていない人。
そこそこ安く買いたい人。


3.通販で買う

 通販で買う一番のメリットは、安いことです。そして、数あるショップから選ぶことができるのでたいていのブランドのギアは買えることです。コアなブランドになるとごく一部のプロショップしか取り扱っていないことがあります。だから、自宅にいながらにして色んなショップの商品をチェックできる通販はレアなギアを探すのに最適な方法とも言えます。

 一方で通販で買うデメリットは実際にものを見て買うことができないことです。ウェアは試着できないし、ブーツももちろん試着できません。これが最大の泣き所ですね。

 そして、買ってもすぐに手元に届かないのも通販のデメリットです。楽天市場やヤフーショッピングなどのメジャーなショッピングモールを利用すれば、お金だけ取られて物が届かない詐欺の被害に遭うことはほとんどありませんが、遠方のショップを使ったり、対応の悪い配送業者を使っていた場合には商品が中々届かないことはあります。

 以上をまとめると、通販で買うメリットとデメリットは次のようになります。

メリット
とにかく安い。
たくさんのショップから選べる。
レアなギアを簡単に買える。

デメリット
実際に商品を見て買えない。
買った商品がすぐに手元に届かない。

こんな人におすすめです。

とにかく安く買いたい人。
色々と探し回らずにレアなアイテムをゲットしたい人。


このページの先頭へ